悩める更年期症状は漢方で改善!加齢に負けない健康体を維持しよう

更年期の対策に必要な漢方薬!~いつまでも健康でいるために~

悩める更年期症状は漢方で改善!加齢に負けない健康体を維持しよう

漢方薬

更年期の問題

更年期(45歳から55歳前後)では、加齢に伴って様々なことに悩まされることも多いです。例えば、更年期障害でも代表的な症状でもあるホットフラッシュは酷い状態ですと動悸・息切れ・疲れやすさといった症状が現れてしまうこともあります。この更年期障害は軽度~重度によって治療が必要なケースはそれぞれですが、大抵の場合には生活習慣の改善や漢方薬・サプリメントの服用で緩和されると言われています。そのため、更年期障害に悩んでいる方はまずは漢方薬やサプリメントを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

漢方薬の利用

更年期障害にいい漢方薬は今や多くのメーカーによって販売されています。しかし、メーカーや製品によって症状に対する有効成分の配合が異なるので、自身の症状に適している漢方薬を選ぶ必要があります。更年期対策の漢方薬としては、高麗人参、イソフラボン、プラセンタ、田七人気などが挙げられますが、最近では「マカ」が海外および日本において注目されています。マカは妊活サプリメントの原料として有名ですが、実は動悸・冷え・うつ・疲労などにも効果があり、更年期対策の漢方薬としても非常に優秀です。そして、何よりマカは女性ホルモンバランスを整えてくれるので、更年期に悩む女性だけでなく、全ての女性にもおすすめできます。

有効成分が大事!

漢方薬に含まれている有効成分には様々なものがありますが、製品や原料によって比率が全然違うということもあります。そのため、漢方薬を選ぶ際には有効成分の含有量を確認し、製品の良し悪しを見極めましょう。

広告募集中